青パパイヤを普段スーパーで見かけることって少ないですよね。私が住んでいる東京では、高級スーパーか肉のハナマサで、ごくたまに見かけるくらいです🙄
なので、青パパイヤが手に入ったところでどんな風に調理したらいいか分からない方も多いと思います。
青パパイヤ農家さんも、「せっかく身体に良いのだから食べ方をもっと知りたい」と言っていました❗️
青パパイヤって、味にくせがないので、実はとっても万能野菜なんですよ👏
今日は、私が美味しいと思う食べ方を3つ✨✨紹介します。
【和風ポキ】
これは、ハワイでよくある「ポキ×青パパイヤ」のコラボレーションです。
作り方は超簡単!
材料は、マグロ、アボカド、青パパイヤ、大葉、ポン酢、わさび、ごま油。
写真のように、ぶつ切りにしたマグロとアボカド、千切りにした青パパイヤと大葉をすべて、調味料と一緒に混ぜるだけ❗️
さっぱりとしていて、朝ごはんにオススメですよ。
ごはんの上に載せてポキ丼にするのもすごく美味しいです🤙
【天ぷら(風)】
これは、初めて作ったとき、美味しすぎて何度も叫びました。
「なんか、高級料理屋さんの味する!!!」
材料は、青パパイヤのワタの部分(種の周り)、片栗粉、油です。
実の部分ももちろん天ぷらにしたら美味しいのですが、ワタの部分を使うのがポイントです!!
青パパイヤを外側から千切りピーラーで削っていくと、最後に種の周りが残ります。
普通は捨ててしまうこの部分を利用したエコで美味しいレシピです。
作り方は簡単です。
ワタの部分を食べやすい大きさにカットし、適当に片栗粉をまぶし、180度の油で2分ほど揚げます。
少し残った身がホクホクした食感と甘みを感じさせてくれます。
なんともいえない美味しさなんです!!
色々試しましたが、衣が薄い方が青パパイヤの味が引き出され美味しかったので、ぜひ片栗粉のみで作ってみてください。
【キャロットラペ風】
これも私が愛してやまない食べ方です。簡単なうえに、生の青パパイヤをたくさん摂取できるので、朝昼晩の食事の最初に食べています。
材料は、千切りにした青パパイヤ、酢、蜂蜜、オリーブオイル、塩ひとつまみ、あればクルミ。
これらを器の中で和えるだけ!
クルミがあるとより美味しくなりますよ。
蜂蜜とオリーブオイルなので身体にもいいですし、何より美味しくて沢山食べれちゃいます💕
…と、
こんな感じで、家庭でも簡単にできる青パパイヤのアレンジ方法を紹介しました😊
身体にいいから無理やり食べるのではなく、美味しいから食べたくなる。青パパイヤはそんな野菜なんです👏
ぜひ、試してみてくださいね。
LINEで送る
Pocket